東京スター銀行グループ

Financial Freedom ファイナンシャル フリーダム

TSB債権管理回収株式会社

 

 

会社案内

業務内容

サービサーとは?

ニュースリリース

リンク

http://www.tsb-servicer.jp/images/b_00.gif

http://www.tsb-servicer.jp/images/b_09.gif

 

 

         

情報セキュリティ基本方針

 TSB債権管理回収 株式会社(以下 当社)は、情報および資産を情報セキュリティに関わる脅威から保護することにより、事業リスクを最小限とするとともに事業継続を確実にし、業務実施においては法令等を遵守し、顧客およびその他の利害関係者からの期待に応え、信頼を得ることを目的とし、企業価値向上の実現を目指します。そのため、当社は保有する情報資産の重要性を認識するとともに、社内外の情報セキュリティの脅威から情報資産を保護するため、情報セキュリティマネジメントシステム(ISMS)を確立いたします。
これにより当社は、情報資産を適切に維持管理するために必要な対策について、最大限に取り組むことをここに宣言いたします。

当社は、情報資産に対するリスクアセスメントの手順を確立し、当該情報資産に対する脅威および脆弱性を評価し、リスクを明らかにしたうえで、対応計画を策定します。

当社の事業活動にかかわるすべての情報資産に対し、情報の漏洩・破壊・改ざん・紛失・不正利用などが発生しないよう情報セキュリティ管理体制を確立し、継続的に改善します。

当社は、情報セキュリティ管理体制の維持管理にあたり、個人情報の保護に関する法律、債権管理回収業分野における個人情報の保護に関するガイドラインをはじめとする情報セキュリティに関する法令等を遵守するとともに、情報セキュリティ委員会を設置し、全社的な活動を推進します。

当社は、役員および業務に従事するすべての者に対して、情報セキュリティの重要性を認識させるための教育・訓練を継続的に実施し、情報資産の適正な保管および利用について周知徹底を図ります。

当社は、 業務を委託するすべての者に対して、情報セキュリティの重要性を認識させ、情報セキュリティ義務を契約に明示し、情報資産の適正な保管および運用を図ります。

当社は、情報セキュリティマネジメントシステムの遵守状況に関して定期的に監査を実施し、必要に応じた適切な是正措置を講じることにより、情報セキュリティの確保に努めます。

情報セキュリティ基本方針は、当社の役員および業務に従事するすべての者が遵守すべきものとし、情報セキュリティ基本方針違反事象に対しての原因追究と再発防止に向けた対策を講じるように努めます。



平成19124日制定
平成2541日改定
TSB
債権管理回収株式会社
代表取締役社長 鶴見 良一

 

 

COPYRIGHT(C) 2006 TSB SERVICER, Ltd.